花粉症対策には「伝説の果実じゃばら」

花粉の季節が近づいてくると、花粉症薬のCMや花粉飛散量のニュースを見聞きすることが増え、花粉症の症状が出る前から気分が憂鬱になるという方も多いのではないでしょうか。

花粉症の様々な症状

花粉症

花粉症の方は、目のかゆみ、充血、鼻水、鼻づまり、くしゃみという定番の症状から、肌トラブルに頭痛や倦怠感、微熱と本当にさまざまな症状に悩まされます。
今年は花粉の飛散量が何倍にもなるという話が早い段階からニュースなどでも取り上げられているので今から花粉症対策を考えている方も多いことでしょう。
花粉症対策として医薬品は効果的ですが、薬が苦手な方や妊婦さん、車を運転する方は民間療法を実践している方もいます。
しかしながら、思ったような変化を実感できているという方はあまり多くありません。

花粉症対策に役立つ民間療法もあるけれど・・・

柿の葉

花粉症に役立つとされている民間療法もいくつかありますし、実践したことのあるという方も多いのではないでしょうか。
代表的なものとしては、柿の葉茶が挙げられます。
ただ、いまいち変化が感じられなかったという方もいるかもしれません。
他にもごま油の鼻バリアネギ味噌湯といった民間療法もあるのですが、やはりどれも長く続けることが前提になってきます。
しかも、長く続けても大きな変化を感じられないというケースが多いのです。
花粉症で悩んでいる方はすぐにでも変化を実感したいので、「そんな悠長に構えてられないよ!」というのが本音なのではないでしょうか。

伝説の果実「じゃばら」の紹介

kafun04
あれこれと試してみたものの思ったように変化が感じられないという方にこそおすすめしたいものがあります。

すぐにでも変化がほしいの!」「今すぐにでも効果的な花粉対策をしたいの!」という方にもきっと満足いただけるかと思います。
というのも、「じゃばら」なら飲んだその日に変化を感じられる可能性もあるのです。

じゃばら収穫
「じゃばら」は、じゃばらのナリルチンに青みかんのヘスペリジン、殻破砕花粉を加えた花粉症対策です。
じゃばらのナリルチンは、フラボノイドの一種なのですがアレルギーに対する鎮静作用が学会などでも報告されているのです。
花粉症というのは、花粉に対するアレルギー反応になりますのでまさに花粉症対策にうってつけの成分なのです。ナリルチンは柑橘類に含まれている成分なのですが、じゃばらは特に多くのナリルチンを含んでいます。じゃばらのナリルチンの働きをサポートしてくれるのが青みかんのヘスペリジンと殻破砕花粉なのです。
特に、ヘスペリジンはこれ単体でも抗アレルギー作用があると言われていますので、こちらも花粉症対策にぴったりの成分です。

花粉症抑制効果で幻から伝説の果実になったじゃばら

kafun07
じゃばらのナリルチンが花粉症にいいことはわかったものの、中には「じゃばらって何?」という方もいるかもしれません。

じゃばらというのは、柑橘類の一種でその見た目はカボスに似ています。
ただ、スーパーなどで気軽に購入できるような身近な存在ではありません。
というのも、日本で自生していたのはなんと和歌山県の北山村だけなのです。
じゃばらが幻の果実から伝説の果実になったのは、その花粉抑制効果によるものでした。
口コミや評判でその効果は瞬く間に広がり、実際に花粉症対策にとじゃばらをまとめて購入する方も多くなりました。
ただ、「にがうま」と表現されるじゃばらには独特の苦みがあります。
それがおいしいのですが、苦いのが苦手だという方には食べるのも大変でしょう。

kafun06
いろいろなジュースやジャム、お菓子など加工品も展開されているのですが、やはり苦みというのはどの加工品にもつきものです。

北山村じゃばらセンター協力のもとサプリメント化

太陽堂製薬の花粉じゃばらサプリは、北山村じゃばらセンター協力のもとサプリメント化!

kafun08

太陽堂製薬が製造・販売している花粉じゃばらサプリは、じゃばらの中でも特に抗アレルギー作用があるとされる、植物フラボノイドのナリルチンがたっぷり入った皮の部分を主原料としています!
1日のおすすめ量は9~12粒と多めですが、酸っぱいものが苦手な方にも食べやすい粒状のサプリメントです。
つら~い花粉症と付き合っている方、この伝説の果実のチカラを実感してみてください!
☆270粒入り大容量で1日あたり約100円☆

ページトップ