おめで「たい」だけじゃない! 鯛の栄養は漢方に匹敵する?

鯛に含まれる栄養は利用次第で薬膳料理にできる

鯛といえば、日本人の感覚において「魚の王さま」というイメージがありますよね。

大きいものでは、60センチを超え(この大きさだと重さは4キロを超えます!)、釣り人にとっても目標とする魚の一種です。

また、日本では「お食い初め」などを含む冠婚葬祭時のおめでたい場での食べ物として、鯛料理がよく振る舞われます。

七福神の中の一人、恵比寿様が持っているのも、釣られた鯛であることから、日本人にとって大切な高級魚であることがわかりますね。

そんな日本文化と深く根付いた鯛ですが、高級魚なだけあり、その栄養は折り紙つき。

昔から鯛を食べると病気が治るといわれていた程のその栄養価。

消化も良く、滋味に優れたその白身にはどのようなパワーが秘められているのでしょうか!?

鯛の主な栄養素と効果

鯛

【鯛に含まれる主な成分】

  • タンパク質
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

【鯛に期待できる効能】

鯛は白身魚ならではのタンパク質が多く、栄養価が高い割にとても消化の良い肉質をしており、そのため、お食い初めやお七夜といった、赤ん坊のお祝いにもよく用いられてきました。

もちろん、生まれたばかりの赤ん坊は鯛を食べることはできませんが、出産で体力を失った母親にとって大切な栄養を届けてくれる魚。

また、栄養価が高いので母乳の出を良くする働きもあるため、平安時代からこういった行事に用いられてきたのでしょう。

他にも滋養強壮に優れ、成長や発育を促し、アンチエイジング効果もあるといわれております。

何より、鯛の消化の良さは折り紙付き。

ですので、病後や産後、高齢者に適した食材といわれているのです。

因みに、アミノ酸の一種のタウリンも豊富に含まれており、肝機能の回復を促し、疲労回復や眼精疲労の回復などにも役立ちます。

鯛の旬と保存方法

鯛の刺身

鯛の旬は冬~春。

鯛のメッカである千葉県などではこの時期、鯛を求めて漁船が多く出航します。

良い鯛の選びかたは、目が澄んでいて、鯛特有の赤い色が鮮やかな物を選びましょう。

もし、切り身になっていたとしても、同じく血合いの赤が鮮やかで、白身が透き通っているものを選ぶと良いでしょう。

鯛を保存する場合は基本的に冷蔵庫に入れて、賞味期限内に食べるのが鉄則。

もし、余ってしまった鯛の切り身などがある場合は、酒を振って、昆布で挟む「昆布締め」にしてしまえば、多少長持ちします。

ですが、あの徳川家康は「鯛の天ぷらにあたって死んだ」ともいわれています。
※諸説あり※

ですので、基本は生ものであることを念頭に、なるべく早く食べるようにしましょう。

鯛にオススメ+食材

【+「柑橘&ワカメ」で産後の回復力向上に】

鯛とワカメ

産後に良いとされている鯛に、食の進む柑橘類と、ワカメを合わせることで、産後の体力回復や母乳の出を促進する効果が上がります。

「鯛と柑橘類!?」と思われるかもしれませんが、柑橘類と言ってもなにもミカンやオレンジを使わなくても大丈夫。

そう、柚子やかぼすといった香りの良い柑橘類を使う事で、十分食べやすくなります。

今話題の「じゃばら」を使っても、香りが強く酸味もあり、花粉症対策にもなってよいかもしれません。

料理法としては、鯛とワカメを一緒に蒸して、柚子、もしくはかぼすをかけて、ポン酢で食べるというのが一番簡単で、食べやすいでしょう。

【+「ムール貝」で滋養強壮に】

鯛飯

鯛と同じくらい滋味に富んだムール貝は、一緒に食べることで相乗効果が期待でき、より滋養強壮に優れた薬膳料理となります。

代表的なのは鯛とムール貝を使ったアクアパッツァですが、日本人にはあまり馴染みがなく、手間もかかります。

もちろん、鯛の切り身と冷凍のムール貝を使えばとても簡単なのですが、もっと楽にするには「鯛飯」にするのがベスト。

お米を研いだら、その中に鯛の切り身とムール貝、そして昆布と少量の醤油とお酒を入れれば、ボタンを押すだけで簡単に変わり鯛飯の完成。

そのまま食べても十分美味しい、炊き込みご飯になります。

鯛の注意ポイント

鯛は白身魚で、サバやブリよりかはアニサキスなどの心配はありませんが、妊娠中や出産後、高齢者などの体力が落ちている方は万が一を避けるために、鯛は火を通してから食べるようにしましょう。

そして、鯛を食べるに当たって一番の注意ポイントは「骨」。

鯛は骨が丈夫で、捌くのが大変なほど。

そんな鯛の骨が喉に刺さると……ちょっとやそっとでは抜けず、病院で抜くはめになってしまうのです!!

ですので、鯛を食べるときは骨に注意して、高齢者などの喉の力が弱くなってしまった人に食べさせる場合は、よく潰すなどして骨が残らないようにしてあげましょう。

ページトップ