【玄関先や敷地内で犬や猫がオシッコやフンをして困っている方は!?】

日本人の主食、お米。
そのお米を炊くときに必ず出るとぎ汁、そのまま捨てていませんか?

お米のとぎ汁はいろんなところで大活躍

011002

お米のとぎ汁には、栄養成分やぬかの細かい粒、オリザオイルという油が含まれているので様々な用途に使えるんです!

※お米をといで1回目のとぎ汁には、ほこりやもみ殻が混じっていることがあるので、使用する場合は2回目のとぎ汁を使いましょう。

<草花の肥料に>

草花の根元に注げば天然の肥料になってスクスク育ちます。茶殻を冷まして根元に撒くのも◎です。

<迷惑な犬のオシッコ対策に>

玄関先や敷地内で犬や猫がオシッコやフンをして困っている方は、お米のとぎ汁をまいておけばOK。臭いが消えるので、場所を覚えられている場合に効果的です。

<フローリングの磨き剤に>

とぎ汁を含ませて固く絞った雑巾でフローリングなどの木製製品を磨けば、とぎ汁に含まれる油分でツヤツヤになります。

<料理の下処理に>

大根をとぎ汁で下ゆですると真っ白にゆであがり、味が染み込みやすくなります。
タケノコやごぼうなどアクの強い野菜のアク抜きにもピッタリです。

<プラスチック容器にしみこんだ臭いに>

お弁当箱やタッパーなどに臭いがしみこんで取れない時は、とぎ汁を満杯まで入れて一晩放置しましょう。とぎ汁で消臭されます。

ページトップ