飲むだけじゃない、ビールの意外な使いみち

夏です!暑いです!夏・暑いといえばビール!!

飲み残しのビール捨ててませんか?

キャンプやバーベキューなど、屋外で友人や家族とワイワイしながらのビールは格別ですね。
ただ、終わってみたら、飲み残しのビールがたくさん…なんてことありませんか?

そんな時、残ったビールをキッチンペーパーや布に染み込ませると、即席のお掃除シートができます。
ビールに含まれるアルコールとビタミンEが油汚れを分解するので、バーベキューで使った網やお肉の油がついた調理器具などを洗うに拭いておけば、後片付けも楽になります。

焼肉

ご自宅なら、魚焼きグリルやガスコンロの油汚れに効果的です。
※ビールを使った後は、必ず洗い流すか丁寧に拭き取ってください。

 

動画でも紹介されておりました。

(提供元:教えて!gooウォッチ)

その他にも、ビールには意外な使い道があるんです!

<お肉を柔らかくする>

お肉をビールに浸けておくと、ビールに含まれるホップとアルコールがお肉を柔らかく、コクのある味にしてくれます。
その他、煮込み料理の隠し味に加えると、風味やコクが増しておいしくなります。
すき焼きの水代わりに使うのもおすすめですよ。

<天ぷらをサクサクに>

天ぷらの衣を作るとき、水の代わりにビールを使うと、二酸化酸素の泡のお陰でカラッと揚がります。
また、ビールに含まれているアルコールは蒸発しやすいので、水分がとんでサクサクの天ぷらに仕上がります。

いかがでしたか?
飲み残しのビールは無理に飲まずに、掃除や料理に活用しましょう!

ページトップ